インプラント必要な事

インプラントはメンテナンス必要

インプラントは衛生士の役割

インプラント治療やメンテナンスにおいて歯科衛生士の果たす役割は重要です。患者さんへの治療内容の説明や手術前の口腔衛生指導、手術器具や機材の消毒や滅菌処理、手術前の準備から手術時のアシスタント、人工歯の装着の補助など幅広い知識と技術が必要です。手術後のメンテナンスでは、天然歯や人工歯、その周辺を含めた口腔衛生指導も行います。インプラントの手術後は、様々な原因から炎症を起こしやすく、天然歯の歯周病に類似した症状が出ることが多く、トラブルの原因ともなり、これを見逃さない専門知識と経験が重要です。受診の窓口でもある衛生士の役割は今後も大きくなっていきます。

衛生士による口腔内指導します。

歯を失い食べる喜び、大きく笑う喜びを失った皆さん。インプラント治療を検討してみませんか。お口の中は常に清潔にしておくことが口腔内の健康維持には欠かせません。自分だけでは、歯を磨けているのか心配になりますね。衛生士による口腔内衛生指導をすることによりお口の健康の維持が図れます。お口の健康は全ての健康の源です。栄養をとるために良く噛めるようにメンテナンスしましょう。インプラントは術後のメンテナンスが長持ちさせるには非常に重要です。衛生士による定期的な指導により長寿命化を図ることができます。高齢化社会です。毎日元気に噛みましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントの衛生士の役割 All rights reserved