インプラントセミナー

衛生士のインプラントセミナー

インプラント専門歯科衛生士

現代社会はインプラントの技術が進歩し、専門歯科衛生士の資格を取得した人が歯科医院や病院で活躍しています。インプラント専門歯科衛生士の果たす役割や責任は重く、セミナーに参加し研修を積んでいます。患者に最適な治療方法を説明したり、また、医師に患者の情報を伝えたりします。歯科医院のスタッフ、病院のスタッフに患者の情報を正確に伝える役割もしています。セミナーの研修によって学んだことをいかし、歯科医師や病院の医師と治療方法をディスカッションし、患者に最適な治療ができるようにする役割があり、その存在は重要です。

インプラント治療前後の衛生士

インプラントは歯がなくなった人に、顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯冠を載せる治療です。口腔内の外科手術なので、歯科医師一人ではできず、口腔内の専門家である歯科衛生士の介助が必要です。具体的には、器具の受け渡し、唾液や血液の吸引、視野の確保を行います。さらに、使われる器具は、無菌状態でないと、後で細菌感染を起こしたりしますので、洗浄、消毒、滅菌を行い、器具の管理をしておく事が大切です。さらに、インプラントの治療後、口腔内の状態を清潔に保ち続けることが必要で、丁寧な歯磨きが必要ですが、これで100%汚れを落とす事は出来ないので、歯科医師の指導のもとに歯科衛生士が、専用の機械や器具で、歯石やプラークをとりのぞき、口の中に細菌が増殖しないようにします。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントの衛生士の役割 All rights reserved